男性が少しの体調不良で大袈裟に病院へ行く人、真逆の頑なに病院行かない人が多いのがわからない

大袈裟に体調不良を訴える男に対して思うこと

40代 女性 専業主婦

 

女性ってちょっとくらい熱が出て体調が悪くても結構ギリギリまで寝込まないという方の方が多いような気がしますが男性は私の周りを見渡す限りですが体調不良に大袈裟な方かもしくは真逆の今にも倒れそうなのに頑なに病院行かない人が多いような気がします。

 

例えば主婦だと微熱位では寝ていられないので多分今熱があるな?と思っても熱さえ計らずに市販の風邪薬を飲んで少し早めに寝る、いよいよ高熱が出て初めてダウンする事が多い気がします。ダウンするなと思えば迷わず病院へも行きますし理由無く病院へは頑なに行かない!って人はあまりいないように思います。

 

比較すると男性の方が、え?そんなんで病院行くの?って感じの体調で具合が悪くて大変だアピールが凄いように思いますがそんなに女性と男性では具合が悪い時の感じ方が違うのでしょうか?

 

今では笑い話の友人の旦那さんのエピソードですが熱があるかもと言うので体温を計ると37度くらいで平熱より1度高い位だし大丈夫でしょ早めに寝たら?と特に気にもせずしていると旦那さんは病院に行ってくると言い何やら用意しているなと思っていたらボストンバック片手にかなりヨロヨロしながら病院へ行こうとしてたらしくバック何?と聞くと多分入院になるから入院道具をあらかじめ持参して行くと言い放ったみたいですが結果はお察しの通り入院なんてなる訳がない喉が少し赤いかもねで帰されたらしいです。

 

恥ずかしくて2度と同じ病院行けない!と友人はご立腹してましたが。
私の主人も父親も同じですが37度台で途端にもーダメだモードになるのが本当に分かりません。確かに体調不良の感じ方には個人差がありますがそれにしても37度台でフラフラ?

 

子供ならまだしも30年40年生きてきてそれくらい大丈夫とならないのが不思議です。
かたや頑なに病院に行かない人も男性に多い気がします。

 

それ絶対行った方がいいよって位具合が悪そうなのに意地でも病院行かず会社にも休まず行き悪化してもまだ大丈夫と言い張る病院へやっと連れてけば悪化しすぎて検査が必要で病院代も高く付くという結末付き。

 

普段37度過ぎると具合がみるみる悪くなる私の主人も時として頑なに病院へ行きません。ギックリ腰で動けなくなり抱えても行けないので救急車呼ぼうとしても大丈夫だからの一点張りで結局2時間過ぎても一ミリも動けず救急車で病院へ行き入院しましたが、そこは迷わず病院だよねって時には行きません。

 

女性にもそのような人は居るかも知れませんがこれは病院だなとか市販薬で大丈夫そうとかのボーダーが分かっている人が多いのに対し加減が極端な人が男性に多いのは今だにわかりません